スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

知りたいこと。




20100830



さて着々と、虫博士への道を歩んでいます。

虫、大好き!(一日一叫)

今わたしがもっとも知りたいことは、秋冬の最新コーディネートでもなければ、お取り寄せ絶品グルメランキングでもなければ、クラスのあの子の好きな人でもありません(なんだそら)
知りたいのは、「死んでしまって裏返っている蝉と、裏返ってはいるけど死んでない蝉の見分け方」です。
だって、図鑑に出てないんですよ、これ。


ところで。
もうひとつのブログにも書いたのですが、明日から、青山でのグループ展に参加させてもらいます。
本の展覧会でして、わたしは絵本を出します。


↓詳細はこちらでございます。

the library1


the library2


http://www.h3.dion.ne.jp/~artspace/library2010kaisaityu.html


113名参加とのこと。その中のひとりに、まぜていただきました。本ばかりの展示です。

お近くにお越しの際は、よかったらお立ち寄りくださいませ。


スポンサーサイト

テーマ:トイデジ - ジャンル:写真

2010.08.30 | | コメント(0) | ポケデジ

炎天下に

0824猫


猫さま発見。



テーマ:トイデジ - ジャンル:写真

2010.08.24 | | コメント(0) | ポケデジ

いつの間にやら久しぶり


odakyu-okujou



蝉って。

蝉って、可愛いですよね。いやほんと。

ああもう蝉のあの裏返った白いお腹とかに萌えー。
バルタン星人な正面顔とか。
死んでると思って近寄ったら、どびゃびゃびゃびゃ!!って急に弾丸のごとく飛び回るところとか。

すんごい可愛い。愛してる!


って、急遽思わなければならなくなりました。大至急。今すぐに。待った無しで。



なんていうか。3ヶ月くらい前に引っ越したところが、思ったより山でした。
うすうす山っぽいなとは思ってましたけど、まあ蝉がですね、まあ蝉以外にも見たこともない虫とかわんさかいるんですけど、とにかく蝉が、夜家に帰る道すがら、鈴なりにいるのです。
で。大通りならまだしも、なんか家へ至る狭い階段にもいつも2~3匹、

「おかえりー!」

みたいな感じで、転がっているのです。寝るなと。そこで寝るなと。


そもそもわたしは、蝉は別に好きでも嫌いでも無くて、木にとまって鳴いてるのは夏の風物詩としては好きです。
よく言われるように、土の外に出て羽化してからは1~2週間の命なのだし、盛大に鳴いて子孫を残して天寿を全うして欲しいとも思ってます。なにも全滅してくれとは思ってません。生きろ!せみ!
でもそれはそれ。

うちは集合住宅の5階で、狭い階段をのぼっていくんですが、まあわたしが帰る時間帯はたいがい他の家はしーんとしていて、外の通りは真っ暗で、階段だけが仄明るいのです。
その灯りを頼って蝉たちが、集まってくる訳ですが、まあ裏返って転がってるっていっても、側を通れば、


びびびびびっびびっびびーー!!

どどびゃびゃびゃばびゃーー!!

ばばばばばばばばばばー!!!

ぎょえーーーーー!!(←これは私)

みーんみーん。



みたいなことに、なるわけです。
すごい近所迷惑。
万が一急に飛ばなくても、薄暗いところで、ほんと、今まで遠くから眺めていただけの蝉さんたちと、もうほんと、お近づきになりすぎて恐縮です、っていうか、あの、えっと、ちょ、わたしたち、こんな10センチの距離って、そんなに親しかったでしたっけ…? ま、まだ出会ったばっかりなのに…!ひい
みたいな戸惑いを隠せません。


ああ。
虫が好き。
蝉が好き。
大好き。
裏返って寝てるところが好き。
急に飛ぶところが好き。
至近距離から、どかんとぶつかってくるあの心意気がたまんねえー。


って、ならなくちゃいけません。大至急。


無理難題過ぎますが、まあ、生来の日和見主義を活かして、この機会に虫博士になろうと思います。


テーマ:トイデジ - ジャンル:写真

2010.08.22 | | コメント(4) | ポケデジ

«  | ホーム |  »

プロフィール

寺坂安里

Author:寺坂安里
トイデジvq1015entry、vq1015classicの写真を、毎日アップしてゆきます。

こちらは別館ブログです。
本家サイトはこちら↓
【パノラマ茶館二着イタナラ】

検索フォーム

Since Sep.13 ,2009

Time is Money

時間給が円とすると


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。