スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



今日お電話やメールなど、くださった皆さま本当にありがとうございました。
ご自身もわたしなんかよりもっと大変な状況の中、お気遣いいただいてしまい逆に申し訳ないです。

こんな時、待つしかないと思いつつ、何だかひとり焦って見当違いなことをしそうでいけません。わたしなどが意味不明にバタバタしても仕方ないですし、いつも慌てて余計なことをしでかすので、落ち着いてひとまず節電と募金につとめたいと思います。



-------------

yahoo!のトップにもありますが、チェーンメールや掲示板などで、偽情報があふれいてるようです。

・コスモ石油の爆発で、有害物質の雨が降る
・関西電力が東北電力に電気の供給を始めたので、関西でも節電をしてください

というような内容のメール。
デマだそうです。
(昨日からあちこちの掲示板で見かけました)

こういうのは「愉快犯」だろうなどと言われますが、最初に送った人もこれ、ほんとに愉快なんでしょうか。「節電をお願いする犯」なんて、なんとも中途半端な「犯」です。謎です。






2011.03.13 | | コメント(0) | その他


日に日につらいニュースが入ってきて、しかしけっきょく何もできなくて、もどかしいです。
ひとりでも多くの方の無事を祈ります。

------------

わたしも東北の友達とそのご家族に連絡が付きません。
被災地の映像では、津波の濁流のすごさがいっぱい映っていたり、これまでの流れなどをやってますが、それより、避難所などで無事だった人の姿を、一人でも多く映してもらえたらありがたい。
連絡が付かないので、津波が何メートルとかよりまずは安否を知りたい。

たのむ!ソフトバンク!奇跡的につながれ!











2011.03.12 | | コメント(0) | その他

駅前温泉とか。



きのう書いたゴジラの記事をさっき読んだら、文章が馬鹿で自分読んでも意味不明だったのでちょこっと書き直しました。

たまに、こんなふうに後から「意味分かんない気がするなー」などと思って書き直したりしますが、たいがい、ますます混乱してぐっちゃぐちゃになり、「たいへんなことになった…」と途方に暮れます。(おおげさ)

でもまたやっちゃうんですよねー。そしてまた「ああ、余計なことしなきゃよかった」「こんなことに手をそめなければよかった」と後悔するのです。

いま探されてる小向さんという人も、そんな感じなんでしょうか。
違うか。


-------------


きのう書いていた、「キンゴジ」は1962年の映画ですが、1962年といえば、森繁久彌の「駅前シリーズ」では「喜劇駅前温泉」上映されました。

20110209-1駅前温泉

福島の温泉が舞台です。
近くの温泉地にデラックスホテルが建ってから、駅前温泉がさびれて、それを盛り返すために旅館のおじさんたちや観光協会などが画策するというお話。

森繁、伴淳三郎、フランキー堺といういつものメンバーは面白いですが、東北が舞台なので、とりわけ東北出身の伴淳の方言が冴え渡ってます。(たぶん山形弁ですがそんなことは気にしない…)

同じ森繁の「社長シリーズ」は、だいたいどこかの大企業が舞台で、森繁が社長役、他の出演者の役もだいたい同じですが、駅前シリーズは毎回舞台も、出演者の役どころも違うのでバラエティに富んでいる気がします。
さらに、社長シリーズに比べて駅前シリーズは、喜劇と言いながらいつも1割くらいちょっと切ない場面もはさまれます。駅前温泉では、最後、森繁の娘役の司葉子が結婚して東京へ行く汽車を、見送りに行かなかった森繁と、背景の山、という場面で終わります。
というかラストが寂しすぎて、そこだけ別の映画を観ている気になります。


社長シリーズの方は、とにかく森繁の社長が「会社の危機を乗り越え」、「奥さんにバレずに浮気しようとする(上手くはいかない)」という2点が主です。とにかく色と金。そして色は失敗する。というマンネリ。マンネリの美学。
実社会ではこんなオジサン絶対嫌だ、と思うようなインテリダメ男の社長は、森繁久彌がやると、ぎりぎり品があって哀れで滑稽で憎めないのです。


そういえば森繁久彌がむかしどこかに「向田邦子が社長シリーズの脚本を書いたことがあった。自分はたいへん面白いと思ったのでプロデューサーに紹介したが、『面白いが、いつもと雰囲気が変わってしまうので』という理由で却下になった」というようなことを書いていました。
マンネリでない向田脚本の社長シリーズもちょっと見てみたかったです。





2011.02.09 | | コメント(0) | その他

キンゴジ


20110208gojira4


2/6は幕張でワンダーフェスティバルでした。

わたしもまた、1点だけ、出品させてもらいました。
前に出したキンゴジを大幅に、直したものです。上の、写真のです。
20cmサイズ。


今回は、粘土で作っただけでなく、恐れ多くも型を取ってレジンで複製しキット販売をするということで、色々勉強にもなり面白かったです。しかしわたしは型取りはできず、同居人氏の作業を見てただけ…。うそ。あんまり見てなかった。すいません


(キンゴジって何?→1962年の東宝映画「キングコング対ゴジラ」の時のゴジラのことです。
え?ゴジラって毎回違う形なの?→そうなのです
それを粘土でつくったの?→そうなのです)


20110208gojira15

↑これは造型をしていた時に見ていた資料写真です。
これを3次元で再現しようとしているのです。
え?なんで?
なんでそんなことを?
なんのために?
なにが面白おかしいの?


知らん!




というわけで、自分でもいったいなんでこんなことしているのかよく分かりませんが、粘土造型は楽しいです。


以下、ゴジラの写真が何となく、続きます。



続きを読む

2011.02.08 | | コメント(0) | その他

vq1015classicとポケデジ


20110207-1vq1015classic


梅がだいぶ咲いてきました。
上がvqで、下がポケデジです。


20110207-2ポケデジ


青がけっこう違いますね~







テーマ:トイデジ - ジャンル:写真

2011.02.07 | | コメント(0) | その他

恵方巻きを食べたけど茶柱が寝ていた


20110203

野球賭博に次いで、八百長疑惑らしいですね。
とはいっても、「あらまあ」ぐらいなんじゃないでしょうか、だいたいの人の印象は。

八百長とかそういうのがなくならないのは、本気で激怒するのが、賭博に参加してしかも負けた、という人だけだからじゃないかなと思いました。
どうやら我々の生活を直接脅かすものではないと思うと、やっぱり、そうそう怒っていられないです。正義感も、そこまで手広く営業してないっていうか。そんな、感じで。
もしもNHKみたいに、何かしらの契約を迫って玄関先まで相撲取りが訪ねてくるような団体だったなら、やっぱりみんなもっと怒ってるんじゃないかと思います。訪ねてきたらそれはそれで面白いですが。
「相撲協会ですけど、奥さん、ちょっと相撲とってもらえませんかねー」なんて言ってもらえたら尚良し。
ぜんぜんよく知らずに適当に書きました。すみません。


写真は携帯で見ていたニュース。タイトルが華麗に韻を踏んでます。




2011.02.03 | | コメント(0) | その他

マヨネーズ。


20110113-tsubaki


またシャンプーとコンディショナーをまちがえて買ってしまった。


あれは、どうしてあんなに入れ物の形がそっくりなんでしょう。そっくりっていうか同じなんでしょう。
買う人も間違えるけど、たぶん売る人も間違えるし、ひょっとしたら作ってる人だって間違えるんじゃないでしょうか。

「あ、間違えて詰めちゃった…」

みたいな事故も容易に想像できるわけで。



なんか、横についてるギザギザで見分けられますよ!ということも書いてあったり、色が若干違うよ!
みたいな見分け方もあるようですが、いかんせん、そんなん、ささやか過ぎです。もう、奥ゆかしすぎです。いくらここが日本だからっていくらなんでも控えめすぎます。
もっとこう、変化に富んでほしいです。個性的に、際立ってほしい。シャンプーはシャンプーらしく、コンディショナーはコンディショナーらしく、どんどん差別化してほしい。どんどん、形から入ってほしいと思います。


せめてこのくらいの差はつけてもらいたいです。


20110113-syanpu



この並びだと、ぜひマヨネーズも追加したいです。


20110113-mayo


いったいなんで夜中にこんな画像作ることになってしまったのか、よく分からないしすごいねむいですが、マヨネーズはおいしいです。みんな知ってると思いますが。最近とてもそう思います。



2011.01.13 | | コメント(2) | その他


20110105


昭和モダン体」というフォントを買いました↑
この、トイデジ小鳩って書いた部分。

うおおお。
新しいフォントはうれしい。


新しいフォントに浮かれながら、コンブばっかり余ったおせちを見て途方にも暮れています。同時進行形。




2011.01.05 | | コメント(0) | その他

おしらせ。


↓主サイトのトップページを更新しました。

【パノラマ茶館に着イタナラ】

どうぞよろしくお願いいたします。




2010.12.26 | | コメント(0) | その他

アマゾンさん、また…



あまぞん…





アマゾンで買い物をするとよく、
「前にこれ買ったんだから、次はこれ買えばいいと思うよ!」
みたいな案内メールが来ます。

だいたいいつも、見当違いの案内をくれますが、今日は、以前買った『明治・大正人の朝から晩まで』という、明治大正時代の人の日常生活を書いた本の関連商品として、全然関連のない恋愛漫画みたいなものを勧められました。

しかも男女関係でなくて、男男関係の方面の、そっちの方向のというかあっちの方向で。


ちょ、アマゾンさん…


なにがいけなかったんだろうと考えてみるに、「晩」という単語がひっかかったのかもしれません。
ひょっとしたら、「正人の朝から晩まで」とかヘンなところで区切ってヘンな風に解釈して、「よし、コイツ関連」と思われたのかもしれません。


まあ、勧められるのはぜんぜん構いません。はい。リンク先もたのしく読みました。

だから、なんていうか、私はわりと引っ込み思案なので、来年はこういう厚かましさと ちゃっかり感を見習いたいな、と思いました。




2010.12.24 | | コメント(2) | その他

«  | ホーム |  »

プロフィール

寺坂安里

Author:寺坂安里
トイデジvq1015entry、vq1015classicの写真を、毎日アップしてゆきます。

こちらは別館ブログです。
本家サイトはこちら↓
【パノラマ茶館二着イタナラ】

検索フォーム

Since Sep.13 ,2009

Time is Money

時間給が円とすると


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。